ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税とはから始まり制度や仕組みについて書いています。 さらに手続きにやり方、メリットなど盛りだくさん。 もちろんおすすめサイトも紹介しています。 レッツふるさと納税

ゴルフざんまい > ふるさと納税

ふるさと納税の仕組み

まずこれを見てください

単純計算だと、税金だけ払う人は360万払っただけ。
ふるさと納税する人は、360万2000円払う。損じゃない??
いいえ、ここからがミソです。

寄付金額が68000円なのでそれのお礼品が戻ってきます。
しかもお礼品が選べる!お肉、カレー、パソコン、など好きなものが選べちゃうんです。

私なら、ふるさと納税しますだって毎年34000円得します。やらなきゃ損でしょ(笑)
どうせ税金で持っていかれるなら美味しいもの食べましょう
早ければやい程お得です。
来年再来年に先延ばしすると返礼品もらえる金額を失っていきます。

ただし、人それぞれ稼ぐ金額が違うのでその早見表がこれ。
年末に源泉徴収票届いていると思います。それ見れば一発で見比べられますよ。

一人分の給料収入 寄付金の目安 税の軽減額 社会保険の負担割合

200万円

6000円 4000円 15.00%
300万円

19000円

17000円 15.40% 
400万円 33000円 31000円

14.80% 

500万円 49000円 47000円 15.20% 
600万円 68000円 66000円  15.40%
700万円 86000円 84000円  15.10%
800万円 120000円 118000円  14.80%
900万円 142000円 140000円  14.90%
1000万円 166000円 164000円  14.00%

年収600万円のサラリーマンなら寄付金の目安は68000円
これ以上寄付したら2000円以上負担になるので注意。
これ一人分です。
共働きならざっくりいうと2倍寄付できます。

では、どこでどうすれば得できるの?

ふるさと納税の流れ

手続きは簡単、下のポータルサイトと呼ばれるところで欲しい商品選んでお金払って
申し込みした自治体に書類送るだけ。
確定申告必要ありません。
ネットシッピングにプラスして書類送るだけです。

ふるさと納税のポータルサイトを使うのがとっても便利です。

さとふる

公式サイトはこちら

マイページで寄付を管理できるのがとっても便利

全国の魅力的なお礼品を簡単に探せます。
例えば、人気トップ20なんかも見れので
ネットショッピング感覚で利用できて
旬の食材が手に入ります。
残念ながら返礼品が品切れでも、再入荷の時にはメールで知らせてくれるのでお手軽です。

ふるさと納税のメリットや特産品の魅力がわかりやすいのと
実店舗あるので安心というのもお勧めの点です。

公式サイトはこちら

ふるなび

公式サイトはこちら

お礼の品の種類が日本一の自治体とていけいしているので
一か所で済ませたい方には重宝します。

さらに、家電製品のお礼が豊富なので、
PCなど高めの寄付が必要なものを一か所ですますこともできるので寄付金が多い方に重宝されています。

自治体や寄付者への生の応援メッセージが見れるので安心です。

公式サイトはこちら

ふるなびグルメポイント

公式サイトはこちら

有名店のプロが調理した高級食材がお得に楽しめます
納税後すぐにポイントがもらえるのですぐに使えます。
さらに永久不滅なので、ポイント失効のしんぱいなし
コールセンターがあるので前面サポートで安心
松坂牛で有名なサイトです

公式サイトはこちら

ふるさと納税とは

 ふるさと納税知ってる人、全国で90%知ってるそうです。凄い認知度ですよね。
じっさいふるさと納税やってる人はたった10%
いまいち中身がわからない、そんな美味しい話あるわけない、逆に損しそう、など理由は色々ですが。
一番の理由はしくみがわからないから。が多いそうです。

そもそもふるさと納税ってなに?

総務省のHPだと
「納税」という言葉がついているふるさと納税。実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、
その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。
ですが、ふるさと納税では自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

む、むずかしい。。
頭悪い私でもわかるように書いてほしい^^;
難しいので簡単に書くと、

地方自治体に寄付をすると税金が免除されてお礼がもらえることです。
それが実質2000円だけです。

ふるさと納税 限度額

結局いくら寄付するのが得かがわからない。限度額っていくら?
登録した後にさとふる専用ダイヤルで問い合わせてみましょう
金額以外にもいろいろ相談に乗れます。もちろん無料です。

12月は混むので早いうちに品物決めておいた方がいいです
品が無くなることは当たり前のようにあります。
特に、国産和牛肉や特Aのお米、カニなど
人気商品ほど在庫がなくなることが多いです。


手続きも簡単、欲しい商品選んでお金払って
申し込みした自治体に書類送るだけ
確定申告必要ありません。
さらに控除額が2倍になっているのでおいしい思いが2倍できます。
もちろん食べ物ではなくても、ベットやパソコンなどもお礼品あります。

とにかく、便利になった故郷納税、いつやりますか?今でしょ!


                 ふるさと納税はさとふる

ふるさと納税 トップへ戻る